節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >不動産節税 >>マンションの固定資産税にも節税の余地があるかも

マンションの固定資産税にも節税の余地があるかも

マンションの固定資産税にも節税の余地

住宅でもマンションでも不動産には固定資産税という税金がかかります。

家を買うと付いてくる税金としてしか考えずに毎年4月ぐらいに
市区町村役場から納付書が送られてきてもそのまま支払っています。

人によっては親からの相続でよく分からない不動産を所有している人も多いようです。

そしてこの固定資産税については、
ほとんどの方が何も中身を見ずにそのまま税金を納めているのではないでしょうか。

固定資産税には節税の余地がないのかを調べてみました。



ポイントは3つです。

1つめのポイントは
固定資産税の節税には住宅用地は優遇されているということです。

一般的に固定資産税の計算方法というのは
課税標準額×1.4%(標準税率)になります。

この中の課税標準額とは
市区町村役場の固定資産課税台帳に登録されている固定資産税評価額のことになります。

そしてここがポイントですが、これには特例があるのです
それは住宅用地の場合にはその評価額が大幅に下がるということです。


一般的な住宅用地の場合では、200平米までの部分については1/6の評価になります

もしそれを超えた場合でも家屋面積の10倍までなら通常の評価の1/3の評価になるのです

人によっては親からの相続でアパートやマンション経営をされている方もいるでしょう、
一般的な住宅用地の場合の1/6評価が世帯数×200平米と拡張されるのです。


これだけ固定資産税が優遇されているのに、この優遇措置をしていない場合があります。

つまり住宅用にすれば優遇処置が受けられるのにそうしていない事が良くあるようです。


マンションに駐車場が有る事が有りますよね、
こんな場合にその駐車場が分筆登記されていて別々の評価を受けていたら、
なんとその駐車場については100%課税になってしまいます。


駐車場はマンションの住人が利用するのですから、
マンションと駐車場の敷地を一体で評価してもらえれば、駐車場部分も最大1/6の評価となりますよね。

マンションの住人がもっぱら使用するならちゃんと一体で評価してもらえます。


反対に古い土地に母屋などが建っていたのに、古くなったからとそれを壊してしまうと、住宅用地である特例が適用されなくなって翌年の固定資産税が3倍(又は6倍)になってしまう事もあるのです。

良くあるのが事務所を居住用に変更したケースで、住宅用地としての特例を受けていないケースが多いようです、しっかりと確認して優遇処置を利用しましょう。


☆このサイトで良く検索されているキーワードです

節税 マンション
ふるさと納税 節税
節税対策 借金
固定資産税 マンション
生命保険 相続税 節税効果

節税の為には様々な方法があります、知らないと損ですよ。


関連記事




0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

プロフィール

setuzei117

Author:setuzei117
こんにちは、税人です
節税対策をしてますか?
節税効果が高い方法を色々と調べてます
よろしくお願いします

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。