節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >不動産節税 >>親の家をリフォームするとき税金がかかるのか?

親の家をリフォームするとき税金がかかるのか?



ビフォーアフターという番組がありますが
私はすごく大好きで毎週欠かさず見ています。

自分の家でもないのにここはこうしたいとか
匠のアイデアを盗んで
いつか自分がリフォームするときの参考にしたいとか・・

全然その予定はないですけどね。


リフォームする場合
親と同居するためにとか親が高齢になってきたので
バリアフリーにしたいとか色々ありますよね。

このとき親の名義の家を子がお金を出すと
色々と税金がかかってしまうようです。

親の資産を子がお金を出して価値が上がると
贈与税がかかるのです。

税金の中でも贈与税はかなり高いので
できるだけそのようなことが無いようにしないといけませんね。






主な方法として
1、先に子の名義にしてしまう
2、共有名義にする


どうせ?この先、子が受け継ぐことになるので
先に子の名義にしてしまう。

親の家は古くて価値もそれほど無ければ
相続税も少ないか無しで済むかもしれません。

さっさと相続してしまいましょう。


そうは言ってもすぐには相続できない場合は
資産の分配を考えて共有にしてしまうのも有りのようです。

ただし子の分配を間違えると課税されてしまうので
事前にしっかりと計算しておく必要がありそうです。


親孝行のつもりが思わぬ出費にならないように
事前にしっかりと調べてくださいね。


関連記事




0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

プロフィール

setuzei117

Author:setuzei117
こんにちは、税人です
節税対策をしてますか?
節税効果が高い方法を色々と調べてます
よろしくお願いします

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。