節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >個人事業節税 >>節税経費をうまく使って必要経費を経費節税する

節税経費をうまく使って必要経費を経費節税する

節税経費をうまく使って必要経費を経費節税

一緒に食事に聞くと領収書を大事そうにもらう友達がいます
節税経費にするから必要なんだと・・・
領収書がお金に化けるんだと言ってました

必要経費とは?なんなんでしょう?ちょっと調べてみます

個人事業主の所得税は、1年間(1月~12月)の総売上から必要経費を差引いた課税対象額に対して、税率を掛けて計算されます。

  年間総売上-必要経費=利益(←課税対象額)

もちろん絶対に余分な税金は払いたく無いはずです。経費節税には、経費をモレなく計上することが第一です。



必要経費とは何か、そしてどこまで経費として認められるのかを、しっかりと把握しておきましょう。それこそが節税経費をうまく使って経費節税になるのです。

簡単に言えば必要経費とは?=仕事を行うために必要な費用になります。

ではこの必要経費では何が、どこまで、認められるのでしょう?

仕事に必要な経費と思われるものを並べてみましょう
・事務所経費 家賃 光熱費 通信費等
・文房具 コピー用紙 パソコン用品等の消耗品費
・パソコンや周辺機器 パソコンソフト代
こんな物が仕事に欠かせないので必要経費と思えますね
その他にも
仕事に必要な機材等や営業や取材で使う交通費

それぞれを簡単に見てみましょう

まずは事務所経費ですが、個人事業主は自宅を事務所にするケースが多いですよ
ね。こんな時は、家賃はどこまで経費になるのでしょうか?

この場合は仕事部屋の占有面積によって割合を算出します
つまり、家賃として、個人で使う部分と、仕事で使う部分とを、使う割合を計算し、業務割合分が経費として認められます

この様にキチンと分けるのが難しい経費を、「家事関連費」と呼びます。

家賃の他、
住宅ローンを支払っている自宅を事務所にした場合では、その利息のみが経費の対象となります。
火災保険も同様に、事業割合が経費となります。

水道光熱費や通信費などは、仕事に使う割合を算定するのですが、その比率は自分の判断によって決めて構いません。

税務署で聞かれた時に、実態にそくしていて妥当と判断されれば、問題ないのです。
関連記事




0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

プロフィール

setuzei117

Author:setuzei117
こんにちは、税人です
節税対策をしてますか?
節税効果が高い方法を色々と調べてます
よろしくお願いします

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。