節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >個人事業節税 >>経費をまとめて前払いで後から節税が出来る方法はお得かも

経費をまとめて前払いで後から節税が出来る方法はお得かも

後から節税が出来る方法があります。

あとからリボなんて宣伝がありますが、
大抵の節税技は事前にしっかり計画しておかないとうまくいきません。

ところが、必要な経費を期末に翌1年分を前払いすることで全額を経費にできるのです。





必要な経費といっても、契約書で決まっている経費じゃないとダメです。

しかし契約書で決まっている経費ならば、税理士の顧問料でも家賃や保険料でもサーバー代でもリース料でも毎月支払いが継続したものなら大丈夫です。

期末になって利益が出そうなとき、そのままなら税金が増えるだけです。
しかし、この時に経費を前払いすれば全額経費に計上できるのです。

それぞれは、どうせ支払わなければいけない経費なのに
支払い方を変えるだけで節税出来るのです。

まさに、後から出来るお得な節税です。

ただし、実際にお金を払うことになるので借金では意味が無いです。
ちゃんと儲かった利益から支払って下さい。
1年分の経費を前払いするので金額も大きくなるので
無理して支払って後で資金が足りなくなったなんて
事になってしまうと大変ですよ。

そして、この節税法でもっとも注意しなければいけないポイントは
1年分前払いを毎年継続しなければいけないということです。

つまり今年は儲かって利益が出たけど、
来年はどうなるか分からない状況では十分注意が必要です。

もし翌年に資金繰りが苦しくなっていても、
同じ時期に1年分を前払いしないといけないのです。

まとめて支払う分節税効果も大きいですが、
支払金額もそれなりに大きなものになる事をちゃんと考えておいてください。
関連記事




0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

プロフィール

setuzei117

Author:setuzei117
こんにちは、税人です
節税対策をしてますか?
節税効果が高い方法を色々と調べてます
よろしくお願いします

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。