節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >借金 >>改正貸金業法で無理な借金が出来なくなる

改正貸金業法で無理な借金が出来なくなる

借金は借りる方も悪いけれど貸す方も悪いと思った事は無いですか?
多重債務の人達は本当に借りなければいけなかったのか?
この様な問題を少しでも改善するために2006年12月に「改正貸金業法」が成立しました。

これは消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどで、誰がいくらお金を借りているかの情報を、クレジットカード業界と消費者金融業界が共有する制度です。

この制度、正式には「指定信用情報機関制度」といいます。




来年6月までに『総量規制』が導入されるのですが、これは「過剰な貸し付けを防ぐために、個人の年収の3分の1を超える、消費者金融とクレジットカードの貸し付けを原則禁じるというものです。

この為には貸し手側が、借り手一人一人についていくら借金しているかを把握する必要があるのですが指定信用情報機関は、そういった個人の借金の情報を集約して蓄積する場所になります。

そして個人向けの貸し出し業者は、指定機関に加盟して、借り手の状況をチェックする義務を負うのです。

今でも『ブラックリスト』と呼ばれるものがありますが、この情報は3か月以上返済が滞った延滞情報などです。そしてこれは民間機関同士の取り決めなんです。

今後は、クレジットカード業界と消費者金融業界が、延滞情報だけでなく、借金残高などの情報を共有することが制度化されるのです

借り手の状況を把握されているので、借金の審査やチェックは厳しくなるでしょう。
場合に寄っては、新たな借金が難しくなったり、クレジットカードをつくるのが大変になるかも知れません。

借金の状況によってはお金を借りるのが難しくなるでしょうが、これは借り主をまもることにもなるでしょう。





0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

プロフィール

setuzei117

Author:setuzei117
こんにちは、税人です
節税対策をしてますか?
節税効果が高い方法を色々と調べてます
よろしくお願いします

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。