節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >個人事業節税 >>接待を会議費にしてしまうと節税できる

接待を会議費にしてしまうと節税できる

接待を会議費にしてしまうと節税できる

交際費は交際のための金額なので、かかった金額すべてが経費とは認めてもらえません。

一方で会議費はもともと金額が少ない(少ないはず?)ので
全額が経費として処理が出来るのです。

しかし、実際には交際費と会議費の境はあやふやですよね。
経費と認めてもらうにはどうすれば良いのでしょう?



それは、領収書の金額を5,000円以内に抑えることです。
一人につき5,000円です。

こうすれば、交際費を会議費として認めてもらうことが出来ます。
領収書にしっかりと人数を記載してもらい、
誰と会議?をしたのかを記録しておきましょう。

会議を行う場所はどんな見せでも大丈夫です
たとえ、居酒屋やスナックでもOKです。

飲食代を節税するためには金額を気にすることが大事です。

しかし5,000円は微妙な金額です、ちょっと贅沢をすると軽く超えてしまいそうです。
贅沢した場合は諦めて、ちょっとした食事の場合はしっかりと領収書をもらっておきましょう。
関連記事




0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

プロフィール

setuzei117

Author:setuzei117
こんにちは、税人です
節税対策をしてますか?
節税効果が高い方法を色々と調べてます
よろしくお願いします

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。