節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C1] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >サラリーマン節税 >>確定申告の医療費控除の裏技

確定申告の医療費控除の裏技

確定申告でサラリーマンが控除が出来る
一番の方法が医療費控除ですよね

ところが医療費控除を申告しない人が実に多いそうです
理由は色々有るようですが
面倒くさい、時間がない、領収書を無くした等々・・

でもそんなかでよく分からないからと言う理由も多いようです
知らないという人もいます

実にもったいないですよね

とりあえず今年はダメでも
来年に備えて領収書だけはしっかりと保存しておいて下さいね
5年間さかのぼれますから昔の領収書でももしかしたら有るかも知れませんよね
最近大きな病気で医療費を使った記憶がある人は探してみましょう

詳細はココで確認しましょう
医療費控除で認められるものと認められないもの

さてそれくらいの事は知っているよと言う人もいるでしょう
しかし余り知られていない裏技が有るんです




医療費控除は社会保険料控除と同じく
支払った人の所得から控除できる事を見逃している人が多いのです

どうゆう事かといえば、医療を受けた本人でなくてもいいということです

確定申告で生計を同一にする(扶養していなくてもよいです)配偶者や親族が医療費を支払うようにすることで
その人が医療費控除を受けられるのです

つまり、医療費は所得の多い人が全員の分を負担した事にして
これを医療費控除として確定申告すれば、より多くの還付金を受け取れる可能性が有るのです

家族3人全員が働いている場合
医療費がそれぞれ5万円、9万円、16万円かかったとすると
各個人が申告してしまうと16万円の人しか還付が受けられませんが

一番所得が多い人がまとめて申告すれば
30万円の医療費がかかったとして還付が受けられるのです

この差はかなり大きいですよね
知らなかったり見逃している人が多い
確定申告の医療費控除の裏技ですよ

家族の医療費を確認してから
医療費控除をどうすれば一番有利なのかを考えましょうね
関連記事




1件のコメント

[C1] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

プロフィール

setuzei117

Author:setuzei117
こんにちは、税人です
節税対策をしてますか?
節税効果が高い方法を色々と調べてます
よろしくお願いします

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。