節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

青色申告節税の為に特典を調べたのですが

青色申告を行うと税金面で得をする

5種類の特典をもう少し詳しく調べてみました

すこし手間がかかる事も有るようですが
節税の為にはかなりのメリットが有ります

条件を満たす場合は青色申告はするべきですね

特に今はまだ収益が上がっていなくて赤字でも
将来収益が望めるのであれば早く申請をして赤字分を節税する事が出来るのも青色申告をするメリットですね

早めに「青色申告承認申請書」を提出しましょう




1青色申告特別控除

青色申告特別控除には65万円控除と10万円控除があります。
事業所得、不動産所得については、複式簿記により記帳し、貸借対照表と損益計算書を確定申告書に添付すれば、基本的には最高65万円の特別控除が受けられます(不動産所得は事業の規模により適用できない場合もあるようです)

「複式簿記による記帳」は難しそうですが
市販の会計ソフトに入力していけば、自然と記帳ができるようになっていますやる気があれば65 万円控除は充分可能なのですね

それでも複式簿記による記帳はムリだと言われる方でも
10万円の特別控除ができるようになっています


2青色事業専従者給与

青色申告者の事業に専ら従事して以下のような要件を満たした親族には青色事業専従者給与としての給料を支払うことができます
その給料の金額を事前に届け出ておけば、そのうち適正金額については必要経費として認めてもらえるのです
・青色申告者と生計を一にする親族であること
・その年の12/31現在で15歳以上であること
・半年を越えてその事業に従事していること

白色申告の場合でも白色事業専従者給与が認められていますが
金額は年間50万円まで(配偶者の場合には86万円まで)とされています

3純損失の繰越と繰戻

青色申告は赤字のときにも優遇されるのです
青色申告者は事業所得や不動産所得などが赤字になった場合には
その損失を翌年以後3年間繰り越すことができるのです

続けて青色申告をしていれば、所得税の還付を受ける事も出来ます
損失の繰越とは逆に前年の所得から差し引いて、所得税の還付を受けるということも出来るのです

4貸倒引当金の適用

事業所得については、貸倒引当金として計上することも認められています
(売掛金や貸付金などの債権の5.5%(金融業は3.3%))

5少額減価償却資産の特例

取得価額30万円未満の減価償却資産は全額経費に計上することができます
(ただし年間300万円以下を限度です)


関連記事




0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

プロフィール

setuzei117

Author:setuzei117
こんにちは、税人です
節税対策をしてますか?
節税効果が高い方法を色々と調べてます
よろしくお願いします

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。