節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >サラリーマン節税 >>医療費控除で認められるものと認められないもの

医療費控除で認められるものと認められないもの

医療費控除で認められるものと認められないもの

サラリーマンが確定申告で得する一番可能性があるのが
医療費控除です

でもこの医療費控除は意外と難しいようです

どんなものが認められるのかまたまた認められないのか調べてみました





まずわかりやすく認められるものです

入院、通院
・自己負担分
・差額ベッド代(ただし治療や病院の都合で利用したものに限ります)
・通院に必要な交通費
・入院中の付添人の報酬や交通費(家族以外です)
・一人で通院できないときの付添人の交通費

妊娠、出産
・妊娠中の定期検診代
・分娩費用、入院費用
・助産師への報酬
・不妊治療、人工受精の費用
・異常分娩、流産の手術入院費用
・定期検診、検査のために交通費

歯科、眼科
・治療の自己負担分
・金歯、義歯、入れ歯の費用(保険のきかないものでもOKです)
・歯科ローンで払う治療費

薬、器具、検査など
・治療のために購入した風邪薬、胃腸薬、鎮痛薬、傷薬
・温泉地のリハビリ専門病院の入院費用
・厚生労働省認定のクアハウスの料金
・在宅療養の看護師の報酬

次に認められないものです

入院、通院
・個人の都合で利用した差額ベッド代
・自分の車で通院した場合のガソリン代
・入院中の出前、外食
・付き添い家族の交通費
・医師へのお礼や見舞い返し
・入院中のテレビや冷蔵庫のレンタル代
・入院のために買ったパジャマやクリーニング代

妊娠、出産
・里帰り出産の帰省費用
・入院の際に必要な身の回り品の購入費
・紙おむつなどの育児用品代
・妊娠判定薬
・家政婦の費用

歯科、眼科
・美容目的の歯列矯正
・めがねやコンタクトレンズの購入費用(治療目的以外)
・歯科ローンで支払う利子
・歯石除去やホワイトニングの費用

薬、器具、検査など
・予防接種
・風邪予防以外のうがい薬
・栄養ドリンク、サプリメント、健康食品
・健康維持のためのスポーツクラブの費用
・マッサージ器、血圧計の購入費
・湯治の費用や交通費

このほかにも
条件付きで認められるものがいろいろとありますが
かなりケースバイケースのようです

ただ基本的には自己都合でなく
治療のために必要だと認められるものだけに限られます

そのために医師の証明書が必要なこともあるようです

交通費などは通院や治療にいくために仕方がないと認められる必要があるようです

領収書をしっかりと集めておいて
そこに何のために必要であったのかをしっかりと記入してあれば
認められやすいでしょう
関連記事




0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

プロフィール

setuzei117

Author:setuzei117
こんにちは、税人です
節税対策をしてますか?
節税効果が高い方法を色々と調べてます
よろしくお願いします

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。