節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >サラリーマン節税 >>退職金節税の為に退職金についての税金のこと

退職金節税の為に退職金についての税金のこと

退職金節税の為に退職金についての税金のこと

退職金は一度に大きなお金が動くのでその税金が気になりますよね
これからの生活を支える大事なお金ですから
無駄な税金は払わないようにしたいものです

まずは退職金についての税金とその周辺知識を見てみましょう

退職金にかかる税金としてまずは所得税があります
退職金は、所得税の区分上では退職所得という区分に該当します
ところで、この退職所得に対する課税にたいしては、
現在は非常に優遇されていて3つの大きなメリットがあるんです




退職所得控除が一つ目のメリットです

退職所得控除とは、所得税を計算する上で、
その会社での勤続年数に応じて退職金から控除される金額のことです

以下のように計算されます。
1.勤続年数20年以下の場合
 40万円×勤続年数(1年未満の場合は切上)
2.勤続年数20年超の場合
 800万円+{70万円×(勤続年数-20年)}

つまり、勤続20年であれば800万円、30年であれば1,500万円、
40年であれば2,200万円の退職所得控除が有るんです
退職金がこれらの金額以下であれば所得税は課税されません

1/2課税が二つ目のメリットです

退職所得は、元の退職金から退職所得控除を引いた後に
さらにその後、課税所得を1/2にして計算されます
つまり実質的に税率が半減するのと同じですね

分離課税が三つ目のメリットです

退職所得は、退職所得のみで課税されるのです
他の給与所得や事業所得などと合算されて課税されません
日本の所得税は累進課税ですので、所得が増えれば増えるほどに
税率は高くなるのです
ところが、退職所得は他の所得とは分けて課税されるので
それだけで税率が低くなることになります


退職金にかかる税金は所得税だけではありません
他の所得と同様に、住民税もかかるのですが
所得税と同様に、退職所得控除を引いて、
さらに1/2した所得に対して税率を掛けることになります
また住民税も、所得税と同様、分離課税になります
税率は道府県民税が 3.6%、市町村民税が5.4%です

退職金は税制上はかなり有利ですね
もらう側も十分に理解して無駄な税金を払わないようにしなければ行けませんが
もし会社の役員であれば退職金は大きな経費を計上することになるので
所得税、住民税が優遇され、なおかつ相続税も下げられる、
という最高の結果が期待できる場合もあるんです
関連記事




0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

プロフィール

setuzei117

Author:setuzei117
こんにちは、税人です
節税対策をしてますか?
節税効果が高い方法を色々と調べてます
よろしくお願いします

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。