節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >会社節税 >>印紙税節税することで企業節税できます

印紙税節税することで企業節税できます

印紙税節税することで企業節税できます

ちょっとした事で印紙税節税することができます。

企業節税のためにちょっと調べてみました

一般的に契約書は、契約の当事者が成立した内容を証明するために
2通以上作成します。そして関係当事者がそれぞれ保管するのが普通です。

取引金額に応じてですが、自分が保管する契約書には、収入印紙を貼り付け消印することが必要になります。

なぜならば、印紙税とは文書を課税対象とする税金だからです。

ここで印紙税節税です。契約書が当事者の一方しか必要としない場合は、コピーを保管することで印紙税節税することが出来るのです。企業節税です。



ただし、以下の場合は印紙税法上単なるコピーとして取り扱いません
・契約当事者の双方又は文書所持者以外の一方の署名又は押印のあるもの
・正本・原本と相違ないことなどの契約当事者間の証明があるもの

これらは文書上で契約書の成立を証明する目的で作成されたことが明らかであるため、印紙税の課税対象となってしまいます、印紙税節税はできません。

印紙税節税のために消費税と印紙税額との関係を事業所内で徹底するとよいでしょう。

以下の内容を理解しましょう

以下の場合印紙税法上、消費税額等は印紙税の記載金額に含めません
・契約書や領収書に消費税及び地方消費税額が区分記載されている場合
・税込価格及び税抜価格が記載されている場合
この取扱いは第1号、第2号、第17号文書のみ適用されます。

例えば工事の請負契約の契約書に
「請負金額1,050万円うち消費税額等50万円」又は
「請負金額1,050万円 税抜価格1,000万円 消費税額等50 万円」
と記載した場合は消費税額等50万円は請負契約書の記載金額に含めません

その為、記載金額1,000万円の第2号文書に該当し、印紙税額は1万円となります。
ところが、消費税額等の記載がない場合や「消費税額等5%を含む」と記載した場合には、請負契約書の記載金額は1,050万円となり、印紙税額は倍の2万円となるのです。

この様に契約書や領収書の記載の仕方によって、印紙税額が違ってきますから無駄に税金を支払うことのないよう、印紙税節税のため事業所内で徹底させ企業節税しましょう。

☆このサイトで良く検索されているキーワードです

節税 マンション
ふるさと納税 節税
節税対策 借金
固定資産税 マンション
生命保険 相続税 節税効果

節税の為には様々な方法があります、知らないと損ですよね


関連記事




0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

プロフィール

setuzei117

Author:setuzei117
こんにちは、税人です
節税対策をしてますか?
節税効果が高い方法を色々と調べてます
よろしくお願いします

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。