節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >サラリーマン節税 >>相続節税の為の相続時精算贈与

相続節税の為の相続時精算贈与

相続節税の為の相続時精算贈与

最近テレビの番組で「遺言」とか「相続放棄」なんかの特集が良く取り上げられていますね
高齢社会になって自分の財産を守りながら、そしてその大切な財産を相続人へ出来るだけ残したい人が多いのでしょうね

創設されたばかりの「相続時精算贈与」に関しても関心が高いようです

相続は借金などの負の財産も相続する事も有るでしょうから余計に難しいですね

相続節税のやり方を間違えてしまうと、財産が土地だけで現金がなくて、相続税の支払いに苦労してしまうかも知れません

相続税や贈与税は出来るだけ少ないにこしたことはないですよね
どうすると大切な財産を減らさずにすむのか?
相続税の相続節税について調べてみました



財産を引き継がせる為の贈与の方法は2通りあります
それぞれの特徴です

暦年贈与
 ・従来よりあった贈与です。
 ・贈与税の税率は10~50%と贈与される金額が多くなるほど税率は高く
  なります。
 ・贈与された財産は相続が発生した時には相続財産の中には入りません。
 (ただし、相続開始前3年以内に贈与された財産は相続財産となります)
 ・年間1人当たり110万円までは基礎控除となり無税です。
 
暦年贈与で良くある方法は毎年相続人へ110万円づつ渡して行く方法です
ただし定期的に毎回110万円を渡していると計画的な贈与とみなされて
無税にならない事も有るようです
その為には渡す時期を不定期にして、金額も110万円や100万円など
適当に変える事が必要ですね

相続時精算贈与
 ・贈与された財産を相続が発生した時に相続財産として計算されます。
 ・1人の贈与者から生涯贈与される非課税枠が2500万円となります。
 (住宅取得のための贈与の場合、3500万円まで非課税です)
 ・非課税枠の控除後の税率は一律20%となります。
 ・1度相続時精算贈与を選択しますと生涯、暦年贈与に変更できません。

特に注意したいのは相続時精算贈与では贈与税はかからないですが、相続時には財産として計算される制度ですので、途中での変更はできないところです
ただし、父からの贈与は相続時精算贈与、母からの贈与は暦年贈与という選択はできるようです

相続時精算贈与では贈与時の贈与税は安くなりますが、相続時に相続税が高くなる場合があるようです

しっかりと見極めておく必要が有りそうですね


☆このサイトで良く検索されているキーワードです

節税 マンション
ふるさと納税 節税
節税対策 借金
固定資産税 マンション
生命保険 相続税 節税効果

節税の為には様々な方法があります、知らないと損ですよね


関連記事




0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

プロフィール

setuzei117

Author:setuzei117
こんにちは、税人です
節税対策をしてますか?
節税効果が高い方法を色々と調べてます
よろしくお願いします

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。