節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C10] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >節税コツ >>節税個人の節税に扶養控除を再確認しましょう

節税個人の節税に扶養控除を再確認しましょう

節税個人の節税に扶養控除を再確認しましょう

節税個人では税金の事を良く知らなければいけませんね
毎年の事で見逃している事があるかもしれません

例えば扶養控除をちゃんとしてますか?

毎年サラリーマン節税を考えているのに、会社から年末調整のために渡される、「扶養控除等申告書」や「保険料控除申告書」をちゃんと理解してますか?。
ちゃんと理解して見直せば節税対策出来るかも知れませんよ



扶養控除を最大限活用出来ていないケースが結構あるそうですよ
「扶養控除に入れられるのに入れていない」という場合が意外に多くあるようです
扶養控除の適用のポイントについて調べてみました

扶養控除の対象とするための要件

まず確認です扶養控除の対象となる扶養親族の要件

1,配偶者以外の親族又は都道府県知事から養育を委託された18歳未満の児童(いわゆる里子)や市町村長から養護を委託された65歳以上の老人であること。
2,納税者と生計を一にしていること。
3,年間の合計所得金額が38万円以下であること。
4,原則として、青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。

親族とは「6親等内の血族及び3親等内の姻族」の事を指しています。
その上で、「同一生計」であって、年間の合計所得金額が38万円以下であれば、
扶養親族となることができます。(ただし事業専従者でない限り)

では上記の扶養控除の対象要件の「同一生計」とはどのような意味なんでしょう?

2,納税者と生計を一にしていること 
とは、何も同じ家に暮らしている場合だけではないのです
別の場所に住んでいても、ちゃんと生活費を仕送りしている状態であれば、この要件を満たすことになります
田舎で暮らしている親や、下宿中の大学生の子供でも、その他の要件を満たせば、対象となります。
これが「同一生計」の意味するところになります

扶養控除の対象の「38万円以下」の意味するところは?

3,年間の合計所得金額が38万円以下であること
とは、主に以下のような場合です。

・収入が給与のみで、かつ年間の給与収入が103万円以下である場合
・収入が公的年金のみで、かつ年間の年金収入が108万円以下である65歳未満の方
収入が公的年金のみで、かつ年間の年金収入が158万円以下である65歳以上の方

年金以外に収入がない両親などの場合、年金を年間100万円以上もらっていても扶養親族に該当する可能性があります、節税できるかもしれません

海外に留学中の娘さんだって対象になりますよ
節税個人のために自分の周りに不要親族になる人がいないか
もう一度チャックしてみましょう

節税個人でする事はあまりないと言われていますが
しっかりと自分の条件を見直す事で思わぬ節税対策になるかも知れませんよ

☆このサイトで良く検索されているキーワードです

節税 マンション
ふるさと納税 節税
節税対策 借金
固定資産税 マンション
生命保険 相続税 節税効果

節税の為には様々な方法があります、知らないと損ですよね
関連記事




1件のコメント

[C10] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

プロフィール

setuzei117

Author:setuzei117
こんにちは、税人です
節税対策をしてますか?
節税効果が高い方法を色々と調べてます
よろしくお願いします

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。