節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >個人事業節税 >>借金を親に払ってもらうときに節税する

借金を親に払ってもらうときに節税する

借金に払ってもらうときに節税する

実に情けないですがしょうがない場合も有りますよね

でも借金を親が払ったらこれは贈与を受けた事になるのでしょうか?
贈与だとすれば贈与税がかかってしまいますよね

タダでさえお金がないから借金をしているのに
贈与税を取られてしまうのなら意味が無いですよね

ちょっと調べてみました



返済余力がない場合には、親に借金の肩代わりをしてもらっても贈与税はかからないようです
ただし、あくまでも返済余力がないときに限られます

例えば贈与税が課されない場合はこんなケースが有るようです
事業で借金が膨らんでしまい、返すメドがたたない
突然のリストラで会社を辞めることになったので、住宅ローンが返せない
預金は1,000万円あるのだが、それ以上に債務ができてしまった

このような理由で返済することが困難で、債務が財産を上回る部分については贈与税がかからないのです

いくら預金が3,000万円あったとしても借金が1億円有れば、明らかに債務超過です。この一億円の借金から預金の3000万円を差引いた7,000万円を親に出してもらったとしても贈与税はかからないのです。
そして贈与税がかからないのですから、贈与税の申告すら必要ないのです

ただし、先にも書いたようにあくまでも返済余力がないときに限られるので

返済余力があるにもかかわらず、親に借金の肩代わりをしてもらえば、
贈与税が課税されるのです

遺産を相続して返済能力があるにも関わらず、借金の肩代わりを親がしていたら
当然、それは親からの貸付金として相続税の対象になります
しっかりと相続税がとられるでしょう

☆このサイトで良く検索されているキーワード

ふるさと納税 節税
借金と節税
車の購入費の減価償却費
サラリーマン 節税方法
副業 節税
年末調整で寄付金控除はできるのか

サラリーマンは副業でも節税したいみたいですね
車の税金は年末調整で何とかならないのでしょうか?
関連記事




0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

プロフィール

setuzei117

Author:setuzei117
こんにちは、税人です
節税対策をしてますか?
節税効果が高い方法を色々と調べてます
よろしくお願いします

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。