節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >サラリーマン節税 >>パートの主婦節税する為に扶養手当はどうなる?

パートの主婦節税する為に扶養手当はどうなる?

主婦節税する為に扶養手当はどうなる?

主婦で、パート勤めをしている人も多いですよね
主婦節税する為に扶養控除と配偶者特別控除と扶養手当について知りたいです

収入を調べたらボーナスを含めると135万ぐらいになってしまいそうです、
130万未満か140万未満かのどちらに調整したほうが良いのでしょうか?
おおまかですが所得税と住民税と社会保険を計算してみたら、20万円位払うことになりそうなのですが。国民保険だと違うのかも?です

これで旦那の方の収入も減ってしまうのか心配です


やっぱり良く言われるように130万未満に押さえた方が良いのか?
ちょっと調べてみました



今年のご主人の税金に左右されるみたいです
1月1日~12月31日の給与収入で103万円以下なら、主人の配偶者控除を使える。

ここでどれくらい税金が減るかは主人の収入次第のようです。
税率5%の人:19,000円、10%の人:38,000円、20%の人:76,000円の節税になる。

収入が103万超~140万なら、主人の年末調整時に配偶者特別控除が使える。

年末調整の前に、「保険料控除申告書 兼 配偶者特別控除申告書」という書類を提出します。
あなたの収入から65万引いたのが所得、でそれに対する控除額が決まってます、これに主人の税率を掛けることに。

例えば今年の収入が135万だったら、所得70万、ご主人の配偶者特別控除額6万円
税率5%:3,000円、10%:6,000円、20%:12,000円の主婦節税になる。

税金は
(今年の収入135万円-給与所得控除65万円-基礎控除38万円)×5%=13,500円

住民税も課税される、しかし各自治体によって計算が違う。

130万円以上稼ぐと、社会保険の扶養(健康保険被扶養者・国民年金第3号被保険者、保険料はタダ)から外れなくてはいけない。
そして自分で国民健康保険・国民年金に加入する事になります。
国民年金保険料:14,410円/月
国民健康保険料・・・住民税から算出される。

結局、主婦節税する為には収入を130万円未満に押さえるか、いっそ自分で健康保険・厚生年金に加入できるくらい稼ぐかみたいですね。

☆このサイトで良く検索されているキーワードです

節税 マンション
ふるさと納税 節税
固定資産税 マンション
生命保険 相続税 節税効果

節税の為には様々な方法があります、知らないと損ですよね


関連記事




検索フォーム

プロフィール

setuzei117

Author:setuzei117
こんにちは、税人です
節税対策をしてますか?
節税効果が高い方法を色々と調べてます
よろしくお願いします

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。