節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C3] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >サラリーマン節税 >>扶養者控除を受ける為に親を扶養家族にする

扶養者控除を受ける為に親を扶養家族にする

扶養者控除を受ける為に親を扶養家族にする

田舎の親もずいぶんな年になってきました
現在は平均寿命が伸びて、それに伴う高齢化社会になっています
今は年金で暮らしているのですが
もしかした自分の扶養家族に出来るのでは無いかと思って調べてみると
扶養家族といっても思っていたのとはずいぶん違う事が分かりました

親を扶養するとは、健康保険の被扶養者となるケースと、税法による扶養親族になるケースが有るようなんです



健康保険の被扶養者と出来るケースとは親が60歳未満で年収が130万円未満の場合です
60歳以上でも又は何らかの障害者になっている場合は年収が180万円未満であれば被扶養者になれます。ただし、親の年収が被保険者である人の年収の半分未満である必要があるのとその金額があなたが渡す金額よりも少ない必要が有ります

要するに、扶養するのですから現実的でないとダメだという事ですね
扶養される親のほうが収入が多かったり自分の生活が出来ないぐらいにお金を渡しているのもダメなんですね(そんな事出来る筈ないですし)
実際に年収が360万円ぐらいでは自分の家族だけでかつかつになるでしょうね

一方で所得税を少しでも少なくするために親を所得税法上の扶養親族の扶養控除を受ける為には、親の年間の合計所得金額が38万円以下であることが必要条件です。

所得とは収入額ではなくて、所得控除額である70万円を差し引いた金額が38万円なので
収入としては108万円ですね、ただしこれは65歳未満の場合です

これが65歳以上では公的年金所得控除額が120万円になるようです

実際、親の年金は結構あるので、年間収入が108万円の枠が有る限り親を被扶養者もしくは扶養扶養親族にするのは無理そうです


☆このサイトで良く検索されているキーワード

ふるさと納税 節税
借金と節税
車の購入費の減価償却費
サラリーマン 節税方法
副業 節税
年末調整で寄付金控除はできるのか

サラリーマンは副業でも節税したいみたいですね
車の税金は年末調整で何とかならないのでしょうか?
関連記事




1件のコメント

[C3] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

プロフィール

setuzei117

Author:setuzei117
こんにちは、税人です
節税対策をしてますか?
節税効果が高い方法を色々と調べてます
よろしくお願いします

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。