節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C5] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C6] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >個人事業節税 >>個人事業主になると節税対策としてどんなメリットが有るのか?

個人事業主になると節税対策としてどんなメリットが有るのか?

個人事業主になると節税対策としてどんなメリットが有るのか?

副業でも実際に仕事をして、年間20万円以上の収入が有れば、
規模とか利益に関係なく個人事業主として登録して
収入と必要経費を計上しなければいけません。

面倒くさいようですが節税対策としてメリットが有るのが
赤字申告した場合です
赤字分が給与所得と損益通算できますので、
給与分の税金が一部還付されるのです
つまり儲けがなくても申告する事で本業?の税金を取り戻せるかも知れません



個人事業主として副業を申告する時は
勤務先が副業を認めてくれるか?を確認しておかないと
本業の方でペナルティーを受けるかも知れません
ここは十分に下調べが必要ですね

税務署に確定申告書を提出すると、その事が会社に分かるようになっています
申告すると、その情報は住民税の係りに報告されてしまい
会社に対して天引きする住民税が給与分の住民税と違うことの書類が届くのです
結局これで詳細はわからないけれど会社にばれてしまいます

さてこれをクリアーして個人事業をすすめて行ったら
思いもかけず?売り上げが上がってきたら

個人事業でスタートして、売上が上がってくると、会社にした方が税金が安くなる。つまり節税できる、という話をよく聞きます。そこで、法人化すると、何が有利になるのかを調べてみました。

個人事業にかかる所得税と会社にかかる法人税の税率を比較してみると、次のようになります。個人事業は、所得が増えれば増えるほど、税率が高くなっていくという超過累進税率になっています。これに対し、法人は一定税率となります。
所得が1,800万円を超えると、法人にした方が(税率を37%から30%に抑えられる分)節税効果を得られるのです。
実はもっと得をするのですが、それはまた・・

☆このサイトで良く検索されているキーワード

ふるさと納税 節税
借金と節税
車の購入費の減価償却費
サラリーマン 節税方法
副業 節税
年末調整で寄付金控除はできるのか

サラリーマンは副業でも節税したいみたいですね
車の税金は年末調整で何とかならないのでしょうか?
関連記事




2件のコメント

[C5] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C6] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

プロフィール

setuzei117

Author:setuzei117
こんにちは、税人です
節税対策をしてますか?
節税効果が高い方法を色々と調べてます
よろしくお願いします

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。