節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >サラリーマン節税 >>消費税節税で消費税を納めなくて良い場合

消費税節税で消費税を納めなくて良い場合

消費税節税で消費税を納めなくて良い場合

知り合いに税金を払うのを極端に嫌がるヤツがいます
自分で儲けたお金をなぜタダでやらなければいけないのかと言っています
特に消費税は、利益が出ていなくても納めなくてはいけないので絶対に納得できないようです。
まーこいつの事は税務署の人に任せるとして消費税節約について調べてみました

消費税は企業や個人事業主にとっては一時的な預かり金に過ぎないのです。
最初から人のものなので払うのでは無く返すような感覚ですね

しかしなんとか節税できないものかとも考えますよね。
消費税節税の方法もあるようです。



消費税節税のまえに消費税は何時どんな風に納めないといけないのでしょう?

消費税を納めないといけなくなるのは、まず2年前の売上高が1,000万円を超えているときです
消費税の納税義務が発生することになります。
つまり、出来たばかりの会社や事業を始めたばかりのときには、消費税を納めなくいいのです

消費税法では
「資本金が1,000万円以上の会社では設立後2年間は納税義務が自動的に発生する」とあります

つまり資本金1,000万円未満の会社にすれば、設立後約2年間は消費税を納めなくてもいいのです

この免税メリットを最大限享受するためには、設立後最初の事業年度を出来るだけ長くすること
つまりは出来るだけ年度の初めに事業を始める事がひつようです

さらには裏の手としては、売上高が1,000万円未満の会社を数多くつくるというのもありますが
余りメリットが少ないでしょう。

それよりも給料を外注費化することで、「消費税の節税」ができるのです。
なぜこんな事が出来るのか?
実は会社が払う消費税というのは、売上時に預かった消費税から、費用支払い時に支払った消費税の差額を納めるという形態を原則とっています。

逆に言えば、支払った消費税を増やせばその会社が納める消費税を減らす事ができるのです。

給料はその支払い金額の中には消費税は含まれていません、
しかし外注費の場合ではその支払い金額の中に消費税が含まれているのです。
つまり外注費で処理できれば会社にとって支払った消費税が増えることになるのです。

給料で支払う分を外注費に出来ればかなりの節税対策になりますね。

しかし税務署ももちろん知っていてなんでもかんでも外注費にすれば、
とうぜん税務署は認めてくれるないようです。

給料を外注費に変える場合は、非常に厳しい見方をされると考えておきましょう。

消費税の節税を狙った「給料の外注費化」は、税務署をいかに納得させるのかにかかっているようです

☆このサイトで良く検索されているキーワード

ふるさと納税 節税
借金と節税
車の購入費の減価償却費
サラリーマン 節税方法
副業 節税
年末調整で寄付金控除はできるのか

サラリーマンは副業でも節税したいみたいですね
車の税金は年末調整で何とかならないのでしょうか?
関連記事




0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

プロフィール

setuzei117

Author:setuzei117
こんにちは、税人です
節税対策をしてますか?
節税効果が高い方法を色々と調べてます
よろしくお願いします

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。