節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >サラリーマン節税 >>生命保険節税は相続税の納税資金対策

生命保険節税は相続税の納税資金対策

生命保険節税は相続税の納税資金対策

遺族の生活保障や遺産分割対策もできますが相続税の納税資金対策としてもとても有効だそうなので調べてみました

突然多額の相続税を納付しなければならないことがあります。
社長であるご主人が突然亡くなってしまった時などです

しかし社長の相続財産の大半は、換金性の乏しい土地と自社株です。

相続税を一度にとられてしまうと、多少の預貯金があっても、遺族の生活資金までもが無くなる事も考えられます。

そんな事にならないように納税資金準備には、生命保険が一番だそうです



遺族となり財産を受け継いでも遺産相続では相続税を支払う事になります、一方で突然現金が入ってくるのが生命保険ですね。だからこそ納税資金対策として生命保険節税対策になるのです

しかし、納税資金対策として生命保険の契約するには注意事項がいくつかあります。

保険金額はあらかじめどれぐらいの相続税となるのかを考えておかなければいけません、それによって入るべき生命保険における保険金額を設定しなければいけないからです。

普通であれば生命保険金を相続税の納税資金の一部として使います、しかし相続税分の生命保険に加入しておけば、相続財産を丸々残すことも可能なんです。

ただし、受け取った生命保険金も、相続財産になります、これを「みなし相続財産」といいます。
ちゃんとその分も考慮して保険金額を決定しなければいけません。

今現在の評価額ではなく将来における財産の評価額の上昇や資産等の増加も考えておく必要が有ります。
その上でいくらの生命保険に加入すればよいかを決定してください。

その他にも税金の納付をどの様に行い、そのうちのどれくらいを生命保険金で納付したい額かを決めて契約する保険金額として設定します。


生命保険節税でもう一つ考えておかなければいけないのは受取人と保険加入時期です

生命保険の受取人は、普通は奥さんになっている場合がほとんどでしょう。

しかし相続税法上では、奥さんにはほとんど相続税の納付が発生しないケースがほとんどです。これは「配偶者の税額軽減」という規定があるからです

その為、相続税の納税資金対策で生命保険に入る場合には、受取人は子供にすることが大事なポイントなんです。

生命保険の保険加入時期については、やはり出来るだけ早いうちが良いですね
なぜなら生命保険は契約時に被保険者の年齢が高くなるにつれて、保険料が高くなりますから
そしてやはり年齢が進むにつれ健康が損なわれる事も多くなり生命保険への加入が難しくなるからです

☆このサイトで良く検索されているキーワードです

節税 マンション
ふるさと納税 節税
節税対策 借金
固定資産税 マンション
生命保険 相続税 節税効果

節税の為には様々な方法があります、知らないと損ですよね


関連記事




0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検索フォーム

プロフィール

setuzei117

Author:setuzei117
こんにちは、税人です
節税対策をしてますか?
節税効果が高い方法を色々と調べてます
よろしくお願いします

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。