節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
節税対策と税金対策で借金を減らそうサイトトップ >サラリーマン節税 >>サラリーマン節税のために副業の節税方法

サラリーマン節税のために副業の節税方法

サラリーマン節税のために副業の節税方法を調べてみました。

サラリーマンが副業をやっていると税金の事が気になりますよね、
実は余り多くの収入は無いのですが副業をしているんです、もちろん会社には秘密ですが。

副業だけの収入がある程度増えてくると、確定申告をしなければいけないですし、サラリーマン節税なんかを考えないといけないです。ちなみに今は300万位です。



雑費としては交通費や郵便とか宅急便位しか計上していませんね。
そうすると所得税・住民税合わせて約3割の税金が発生してしまいますから雑費として計上できる経費、あるいは他に良い節税方法はないですかね?

もちろん、副業のことは会社には秘密にしたいのです、住民税も一般で払っていますから

そこで調べてみました節税対策を。
中小企業節税程ではないですが節税対策したいのでサラリーマン節税です

調べた結果です
300万の収入であれば、雑所得では無く事業所得で申告をして、
正規の簿記の原則で処理を出来るのであれば青色申告をし
要件を満たして65万の特別控除が、余分なお金もも出て行かず一番の節税対策とのこと。

お金が出て行っても良いのであれば、小規模企業共済がお勧めらしい。

1,掛金すべてが、所得控除になる。(社会保険料控除と同じ)
仮に所得税の税率が10%であれば住民税とあわせて20%が節税になる。
これは良さそうな節税対策です。

2,事業を廃業した場合の解約金は退職所得として受け取れる。
先は分からないのですが、先も考えておくほうがよいですね。

任意解約(自分都合による解約)をしないかぎり
掛け金の元本は、ほとんど割れないはずらしいです。

支払った時が、全て所得控除になるので受け取った時が退職所得か一時所得になりますが
長期の貯金と思えば損は無いと考えます。

☆このサイトで良く検索されているキーワードです

節税 マンション
ふるさと納税 節税
節税対策 借金
固定資産税 マンション
生命保険 相続税 節税効果

節税の為には様々な方法があります、知らないと損ですよね
関連記事




検索フォーム

プロフィール

setuzei117

Author:setuzei117
こんにちは、税人です
節税対策をしてますか?
節税効果が高い方法を色々と調べてます
よろしくお願いします

最新記事

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。